2013年01月22日

59.自己防衛術 女性専用 これから一人暮らしを始めるあなたのために(16)

おはようございます。東京はまた雪がふりそうですね。アルジェリアの情勢はいつになったらはっきりするのでしょうか。



さて、今日は【危ない男のタイプ】でしたね。ちょっと漠然としていますが、要するにあなたが付き合ってはいけない男ということです。

付き合うとあなたの身に危険が生じる可能性が高い男のタイプはほぼ決まっています。

あなたはそんな男に引っかからないようにしっかり見極めをしましょう。たとえ男が本性を隠そうとしても、日常のちょっとした行動に出てしまうものです。

それを的確に見抜くことが出来れば、早い段階で危ない男を避けることも容易になります。


では、行ってみましょう。

1) 嫉妬深い

独占欲の現れです。相手の人格を無視して自分の支配下におこうとするのです。

「こまめに電話してくる」のを気にかけてもらえる、愛されていると誤解してはいけません。単に相手を独占したいとい気持ちだけで行動している場合が多いのでNGです。


2) 気分の変化が激しい

これは分かりやすいですね。

会うたびに気分が違い、機嫌がいいときにはプレゼントをくれるなどすごく優しいけれど、次に会ったらものすごく機嫌が悪くて口を聞かない、逆に怒鳴るなど、一定の感情でないのが特徴です。

こういう男はまず。DVを働きやすいです。伴侶としては絶対に避けるべきでしょう。


3) 支配的

「俺とお前は一心同体だ。」「君の全てを知っていたい。」などと男が言うようなら要注意です。あなたを完全に支配しようとするタイプです。

常にメールを送ってきて、すぐ返事が無いと怒るなんてうのもこのタイプの典型です。

あまりに、べったりした関係を築こうとしていたら少し疑ってみてください。



また、あなたの友人を「あいつは嫌いだ。付き合うな」などと言うようなら、それも危険信号だと思ってください。


4) 強引かつせっかち

せっかちな人は結構います。ですがそれに加えて強引さが入ってくると要注意です。

部屋の鍵を交換しよう、すぐ結婚しよう、子供は何人がいい、結婚出来なければ一生涯つきまとってやるとか死んでやるなどと口走る男は赤信号も良いとこです。

間違ってもパートナーにはすべきでありません。


5) 他人のせいにする

何か自分に都合の悪い事が起こると、一切自分で責任を取ろうとせず、他人のせいにするような男です。

こんな男はささいなことも妻のせいにして責めたり、暴力をふるうことが予想されます。

自分を客観視できず、自己コントロールもできない幼い人格です。近づかないことです。


6) 女性を差別する

これについてはいろいろなパターンがあります。相手が女というだけで、横柄な口を聞く、怒鳴りつける、無視するなどが典型です。

でも、結婚したら女は仕事をやめて育児だけしていれば良いと言うとか、女は出しゃばるな、金は俺が払うと言って女性にお金を払わせない、なんてのもあります。

要するに女性蔑視と自己本位がミックスしているような男で、避けるべき対象です。


まだ、いくつかの典型的な避けるべき男性像がありますが、今日はここまでにします。

とにかく、上に挙げたような男には絶対近づかない事です。危ない男の情報は女性同士の何気ない話の中で聞けるはずです。

もし、それと知らず付き合い始めていても早々に手を切った方が良いでしょう。



今回の記事があなたの人生にプラスになってくれることを祈ります。

次回も【危ない男のタイプ その2】を続けます。ご期待ください。
posted by 自己防衛術マスター at 07:13| Comment(0) | 安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: